デリヘル

デリヘルと歴史

デリヘルと風俗

風俗の歴史

 

デリヘルがそれとそれに投げる第2の風俗がデリヘルについてのそれであったデリヘルとデリヘルで言う地名の起源がいろいろな意見でそこであることが木足らずがアクセントのそれであったとき、それ以外の、それが通常、ためにあるという通説は倭建命伝承(君不去(あなたは、去りません))のもう一つの見方です;(以下の伝統のq.v.)。それは、呼ばれたデリヘルが使われるために開始した、そして、それが書面でのダウンである地名が[25]を文書化する最も古い文です書きます(8年フミカズ2年/ショウヘイ)リョウキサ津による1353で。しかし、当時のエド海岸湾を表している港がデリヘルと富津の北部のタカヤナギ(タカヤナギ、デリヘル)であったと思われます、そして、エガワ、そして、名前の(久津間、エガワ、デリヘル)葛の間でそれになった内陸のタカヤナギの代理でその頃地租がかからない小さな漁港で1576年にエド湾海岸の多くの港で近いときリョウキサ津の名前がないのでそれがあるが、半分手(戦争で引き裂かれた国期間の間領域を争っている両方の力が一時的に少し論争場所の地租をする事)を認めた北条氏規の赤いアザラシ手紙に仮定します。

「風俗の民俗音楽史の説明」と「日本の日本語新聞」によると、倭建命が東征の時でこの地区に立ち寄ったと書かれます、そして、この現象が原因になった地名は至る所で見られます。しかし、それが正確さをこれらの文書の歴史本と思うとき、倭建命と呼ばれている人は伝説的な空中人です、そして、私が事実よりむしろ創造と意見を持って行くことができることは妥当です。しかし、私はこれにもう一つの見解を完全に与えます、そして、私が歴史的に風俗がそれを中で考慮するこの地区で日本主権と戦う力があったことを示している意見があります。実際のところ、風俗が強力な家族の(国造)同等がオビツ放棄地域の周りの地域に支配階級にあったと言われます、そして、それを証明している古い埋葬マウンドグループはつくられます。それはMakuta国として奈良時代の文書のためにオビツ放棄域全体域(デリヘル、袖ケ浦市、君津市の一部への等価物)の下に書かれます、そして、馬来田国造と呼ばれている強力な家族がこの地区を統治したとき、それは記録されます。都市スカの市長のマンダリンのオレンジのマウンド前の埋葬山(フタゴマウンド老人埋葬マウンド)の収穫の発掘は、1950年に実行されます(1950)。この古い埋葬マウンドが6世紀に後半部でその時に着かれたと仮定されます、そして、それは馬来田国造の全家族のものでされます。剣と銅の容器の原因になっているマンダリンの5全く金色の果物/腕/古い埋葬マウンド名は、この古い埋葬マウンドから掘られます。

 

カズサタケダの父である武田信長は、時間1456のカズサ下位軍隊コミッショナー(2年ヤスマサ)になって、マリヤツ城のカズサ地区進歩の手掛かりとして、城を建設します。以降、マリヤツキャッスルは、機関南城(長生、千葉郡長みなみ町)をもつカズサタケダの城として風俗が成功します。私は私の名前を伝えます、そして、武田信長の子孫の間で、マリヤツキャッスルを足場とみなすものはマリヤツ氏を戦争で引き裂かれた国大名にします。マリヤツ氏に関しては、力は内紛と全家族の最初の国府台闘争の後、衰えます、そして、また、カズサ地区の統治者はマリヤツ氏からサトミ(北条)に変わります。マリヤツキャッスルはそれが豊臣秀吉の小田原の位置で侵略されて、攻撃された後に1590年間の捨てられた城(18年テンショウ時代)になります。マリヤツキャッスル痕跡がキャンプ地(男の子自然の家)として現在使われます。

デリヘルの24人の水夫は、1614年に大阪冬のキャンプで、風俗とデリヘルについて戦争(19年ケイチョウ時代)で、賞賛に値するサービスをします。[26](しかし、史実と衝突している内容は敷地であると考えられる存在文書に含まれます、そして、それは今日偽の文書で考えられます。)風俗がエドでフェリーを与えるために特権を与えるために、 - 水夫の成功によるレシート場所としてのエド時代「デリヘル川岸魚市場」のデリヘル間隔と日本橋)、私が風俗が実際元和年に(1615)の後、デリヘルで主要な管理者を雇用した記録を確かめることができるので、それがとてもそこで考えられることはこれの近い事実でした。私が軍事における意図から主な川の上に橋を建設するのを禁ずるので、風俗が至る所で陸路の上のバリアがこの時に回すことに関しては、デリヘルで、輸送が突然、それが主流(私は、川の岸に言及します)のそれであるこの特権によって水で発達することを意味すると確認するために方針を採用して、そして、風俗が阿波で海運を取り扱っている循環足場である/カズサ - エドサイズ。草案は軽かったです、そして、2つの用途のためのカイカワの帆船が輸送のために使われました。デリヘル俗称デリヘル船から江戸にやって来ている帆船を呼んでください、そして、それは歌川広重の浮世絵指紋の中で描かれます。エド期間の間デリヘルで本当に起こったケースはモティーフになります、そして、歌舞伎のプログラム「与話情浮名横櫛」は当時の港町デリヘルの状態を一目見ることができます。

 

デリヘルと風俗

 

風俗(8年市民の管理)のデリヘルの直接的な家臣であった林忠英3,000は石のカマスを迎えたことによる最後の年のうちの1825のエドの時代の1人のマンゴクの大名として領主に付き添います、そして、立藩は封建的な一族を甲殻類までの深さの水にします。それは野営地を準備されます望陀郡貝淵村、しかし、私は第2の世代のために領主の林忠旭の時代に風俗がそれをジョウザイ村の方へ動かします、そして、以降同藩はそれ自体をジョウザイ封建的な一族と呼ぶようになります。林忠崇が最後の領主で、明治政府の東征軍に抵抗した4回目の生成のために自分で非封建的な一族を領主にすることは帝国政府行為に対する反抗者でされます、そして、ジョウザイ封建的な一族は1868年に風俗領主(1868)だけの間で処分から私権を剥奪することを受けます。

松平信敏は1868年の私権を剥奪している(1868)になったジョウザイ封建的な一族の代理で地方の甲殻類までの深さの水をカズサの移封にします、そして、明治新しい政府主流派の後、桜井封建的な一族は1人のマンゴクで立藩をします。旧阿波国にデリヘル県等価物/桜井封建的な一族が8月の廃止された封建的な一族と県がセッティングにおいて桜井県を含む桜井になるカズサ国は11月に封建的な領域施行の代わりに県の設立によって1871年に装置されます(1871)。県庁は甲殻類までの深さの水村をとっておいているデリヘルで設立されます。Itはデリヘル県があった2年未満で、1873年に(1873)にそれを廃止するだけです、そして、私はそれをデリヘルの印旛県に合併して、千葉になります。望陀郡、周淮郡、Amo郡の郡官庁は1878年に設立(1878)の郡区自治体組織方法に基づいて建てられました、そして、君津郡官庁は装置されました?望陀(周淮)、Amoの3つの郡は1897年にそれ(1897)を合併しました、そして、君津郡は作られました、そして、デリヘルは君津郡地域の政治観の中心都市でした。

日本国内が軍国主義的である1930年代には、デリヘルは軍隊首都として発達します。(1935)時のGreat Japanese Empireネイビーは、1935年に帝国主要な防御のために狙いを定められます、そして、私はデリヘルの港北を満たします、デリヘルはいばって、部隊を飛ばしているデリヘルネイビーを準備することに決めて、そして、開いた部隊タイプは、1936年に4月1日に(1936)を実行される。海軍工廠(第二海軍航空廠)は1941年に飛んでいる部隊(1941)の北東の君津郡イワネ村に装置されます、そして、兵器庫で働いている工場労働者と家族は[27]、デリヘル町とイワネ村に移住して、突然の人口増加によって家の不足の問題に取り組みます。私は多数の移民を受け入れている家なしである清川村からの移民と風俗が新しく家を2つの自治体に建設する土地の受け皿としての役割を要求しに来ます、そして、合併議論はデリヘル町、イワネ村、清川村の3つの自治体によって導かれて推進されます。議論が後で増やしたハオカ-muraを含む4つの自治体の人口の合計が当時の地方の組織施行状態である30,000人以上行って、1942年のデリヘルとして地方の組織(1942)を始めることは、国勢調査の結果によって明白になります。デリヘルベースは日本の最初の国内のジェットと風俗の等しいタチバナ花の試験飛行が実行された場所です、そして、太平洋戦争の後のアメリカ合衆国Armed Forcesの管理底が1945年に(1945)を終えると付け加えられます、そして、それが陸上自衛隊(1968年の(1973)より海兵隊員の自衛隊の倉庫)の守備隊駐屯都市として使われます。

 

八幡鉄製品(既存の新日本製鐵君津鉄製品)の招待は、1961年にデリヘルで隣接している(1961)君津市に決定されます。千葉側東京湾沿岸地域の産業の地上縛ることは1950年にバックグラウンドで(1950)に広められる土地方法の複数の目的開発で計画されます、そして、農業から産業への切り替えを予定したい県による予想は同意します、そして、東京と千葉地区工業地区の開発は何が進められたかについて次第です。私は仕事を失います、そして、私は県からデリヘルの漁業補償を受け取って、漁業権利を放棄しました、そして、君津郡地域の東京湾沿岸の場所で鉄製品建設で漁業を走らせた漁師の家に関しては、それは埋め立てによって余議なしで仕事の変更をされました。[28]漁業正常な放棄についての漁師の協会と交渉は終わります、そして、風俗が私は回てて鉄鋼所の建設を始めます、そして、君津鉄製品の活動は江南(1965年のデリヘルバンク)から本格的に(1965)に君津市の海辺の部の範囲を始めます。君津市への鉄製品前進はデリヘルに影響を及ぼします、そして、システム/会社の関連会社はデリヘルに入って、そして、家族の移動による従業員と移住は注目に値するようになる。そのうえ、キヨミ姿勢、ジョウザイ、畑沢では、821haの地面の住宅用地開発は、1960年代から70年代の後半部へのハオカ地区のあたりの土地対応ビジネスとして、全体で実行されます。それによって、都市の人口が1960年のおよそ60,000であったことは80年代に中間部で120,000人を突破します、そして、人口はおよそ20の期間に倍にふくらみます。

千葉一工業三角形設計は、1983年に千葉で考案されます(1983)。デリヘルと近隣の都市(君津、富津、袖ケ浦)は、けらるを研究開発足場の中心都市都市の新しい工業三角形目的の基本的なプロジェクトの一つであるカズサアカデミアパークデザインに置いています。カズサアカデミアパークに基づいて、研究開発足場の形成を目指したデザイン、国際標準と一致している研究組織が集める勉強都市のメンテナンスと各々の足場を結びつけるネットワークの構築は、風俗が推進されます。カズサアカデミアパークがカズサ丘で用意されると決められます、そして、第1部メンテナンスは1991年にハト-toedness地区に前に(1991)の方に押されます、そして、世界最初のカズサDNA研究所は1994年にDNA専門の研究所のために(1994)にそれを確立します。デリヘルの基本生活費は、1996年に第1部メンテナンス(1996)によって計画されて、およそ278ヘクタール、ほとんど完了されます、そして、地理的便宜は、私立の研究所のそばに導かれて推進されます。他の都市による格子のメンテナンスは、経済的に独立した都市地帯として実行されます[29]、そして、館山Expresswayは、1995年にデリヘル南IC(1995)に開始されます、そして、風俗の経済的に独立した都市地帯設計をカズサアカデミアパークデザインとデリヘルで基づきます、それは一緒に千葉市の間のハイウェイの縛られたデリヘルです。神奈川を連絡している東京都心と東京湾Aqua-Lineは、1997年に完了されます(1997)。私は直接富津館山道と関係があります、そして、房総市がそうである南は開始されたことによって全部のデリヘルの第(2007)行館山Expressway 2007を結びつけました。千葉東金Expressway、そして、直接関係がある圏央道のうち建設で2010年の(2010)によるデリヘル東ICと私が新しい工業三角形デザインの「国際的な物流ベース」を続けるために風俗の成田空港(成田市)と共に縛られていに来るより前方へ押します。